2018年05月21日

誕生日はタダベンチャーワールド

今日はかおるの誕生日、でも何をしてあげるでもなく、逆にそれを利用して今年もしてアドベンチャーワールド
(去年も来たのに日記には書いてなかったね・・・)
何てったって ほぼ割引券など存在しないアドベン、安く行く方法は無いのかッ(だって入場料は大人4,500円!)
それが誕生日割引、入園日が誕生日の人はなんと無料、はい タダベン(チャーワールド)になるんです。

っと前日から乗り込み、道の駅くちくまので車中泊。
これは車中泊用のマットをこの前作ったので、是非とも櫂が寝たいって言うので・・・

っで開園30分以上前に到着、そして待機、そして珍しく3人で写真
        180521-090713.jpg
なんでこんな早くから、っと言うのも申し込みが先着のツアー・アトラクションのドルフィンフィーディングの15組に入るため。
ほぼ人が居なかった入口付近も開園前になると徐々に人が!!
かおるは例の入場券をもらって、印のバッチを付ける
    180521-090957.jpg
ハッピーバースディ♪


開園して入場ゲートを通って、アトラクションの申し込みの列にっ
3番目で無事に参加権獲得、それまでまだまだなんでアチコチ見てまわろ


        180521-095402.jpg
アドベンチャーワールドは40周年、昔はワールドサファリって名前だったもんね。
小学校くらいの頃にオープンのCMがやってたのを今も覚えてる、そしてオープンして間もない頃に家族で連れて行ってもらったことも!



さぁココからは写真と動画と箇条書きで進みます。
  
  180521-093529.jpg ゲート入ってすぐにペンギンがお出迎え

 続いて ゾウやらくだやアルパカが
180521-093923.jpg180521-094812.jpg180521-094428.jpg

触れる状態なんで、モチロン気をつけて 180521-094928.jpg


アドベンチャーワールドと言えばこれでしょ
待たずに急かされずにジックリ見れます、しかもココだけではなく数箇所展示施設があります。


イルカのショーまで時間つぶしに、海で暮らす動物達を見学
      180521-101155.jpg 白熊 デカっ

ペンギンがついてくる〜〜


そしてマリンライブを見にビッグオーシャンへ
      180521-105102.jpg
その様子をチョッとお見せしますね
ナカナカの迫力と感動、イルカ達の頑張ってる姿がグッときます。


列車タイプの専用車 ケニア号でサファリゾーンを
ここにもゾウでしょ180521-121150.jpg
  180521-121311.jpgそれにシマウマやキリン

ヤギみたいなのやダチョウ180521-121445.jpg
色々が一緒に見れる草食動物エリア
   180521-152040.jpg      180521-152047.jpg

ちょっと怖そうなアメリカバイソン180521-151811.jpg
  180521-152311.jpg サイも居てます



肉食動物エリアには
百獣の王のライオン 180521-121959.jpg  180521-152532.jpg
チーターやトラ、ホワイトタイガーも居ます。
気候がいい季節なんで、比較的動物達は見えるところに居て、近くで見れます。


その後はふれあいゾーンで動物達にオヤツを 180521-130038.jpg
櫂、何でも以外に怖がらずにいけるのね


っで待ちに待った(?)ドルフィンフィーディング
イルカと握手したり180521-140501.jpgご褒美あげたり180521-140441.jpg
実は櫂が怖がって近づかないかもって思ってたけど、全く問題なし
お腹を向けてくれてるイルカを触りまくってました
           180521-140534.jpg
最後にみんなの合図に反応してクルクルしてくれました
イルカさん楽しい時間ありがとう♪



夕方近くでもうお眠?っと思ったら、もう一度ケニア号に乗ると言う櫂、ならば乗りましょう。
って乗ったらガラガラ、乗ってる車両はおん達3人だけ
               180521-151525.jpg
リラックスモードで満喫させてもらいました


あぁ今回も大満足に楽しみました。
40周年と言う古さなど園内には全く感じない、とても行き届いた動物園だと思います。
こんなたくさんのそして珍しい動物達を間近で見れるのは、とてもありがたいことだと思います。
4,500円出しても納得できるクオリティ、また是非来たいです。

はい、気候の良い5月21日に、タダベンチャーワールドに!




posted by おいおい at 23:45| Comment(0) | お勧め… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: